製薬放射線コンファレンス
プライバシーポリシー
ホーム PRCについて 活動 リンク 情報・資料 会員専用 お問合せ
    代表挨拶 規程類 製薬放射線コンファレンスのあゆみ  
製薬放射線コンファレンス PRCについて
趣意書



趣 意 書

 この度、製薬放射線コンファレンス(Pharmaceutical Radiation Conference:PRC)が、独自の活動を行なう団体として発足する運びとなりました。本会の前身は、平成6年度の放射線取扱主任者年次大会における「草の根ネットワーク」の分科会にて、活動を始めたのが最初であり、以来、放射性同位元素の安全管理及び利用促進について、勉強会、報告会等を毎年主任者部会年次大会等を利用して定期的に行ない、本年で丸5年を迎えます。これも多くの方々のご支援の賜物と感謝しております。
 本会の趣旨は、製薬・農薬・試薬などの開発及び研究における放射線・放射性同位元素を用いた技術の活用及び普及を図るとともに、放射線・放射性同位元素の安全管理の確保・資質の向上に資することにあります。このために、会員間あるいは監督官庁との関係等を密にし、各事業所にとって有益な情報を提供しながら、国内外の放射線・放射性同位元素の安全利用に寄与したいと念じております。このような活動に際し、監督官庁の科学技術庁放射線安全課のご理解・ご支援をいただけるところまでこぎつける事ができました。 今後とも、本会の運営が支障なく円滑に執り行われ、その発展を順調なものとするために、格別の御支援、御協力を賜りたく、ここにお願いいたす次第でございます。

平成11年8月
製薬放射線コンファレンス(PRC)
(Pharmaceutical Radiation Conference)
会長 川上猛雄
  上へ 上へ

代表挨拶



代 表 挨 拶

大河原賢一製薬放射線コンファレンス(Pharmaceutical Radiation Conference: PRC)は主に製薬・農薬・食品などの分野における放射線及び放射性同位元素の安全管理と利用促進を2本の柱として、医療・産業への貢献を目的とする活動を続けております。放射線や放射性同位元素はともすればその危険性ばかりがクローズアップされがちですが、医療や科学など国民生活のあらゆる分野になくてはならない存在になっています。
私たちPRCは放射線取扱主任者及び放射線管理者の立場から、安全で信頼される放射線管理体制を構築すると共に、医薬品及び食品分野を中心とした放射線及び放射性同位元素の利用技術普及により、国民生活の一層の向上を目指し努力しております。
本年度からスタートする第四期世話人会ではワーキンググループ等を見直し、製薬放射線研修会を中心に時代に合った魅力ある活動を展開したいと考えております。今後とも皆様の変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

2009年4月
製薬放射線コンファレンス
世話人代表 大河原 賢一

製薬放射線コンファレンス世話人会 (第8期 2017年7月〜2019年6月)
<2017年7月 一部変更>



世話人代表 大河原 賢一 (製薬放射線コンファレンス)
世話人副代表 反保 浩一 (第一三共株式会社)
久保 孝利 (生化学工業株式会社)
会 計 平田 幸也 (日本たばこ産業株式会社)
事務局 反保 浩一 (第一三共株式会社)
久保 孝利 (生化学工業株式会社)
佐瀬 卓也 (自然科学研究機構 核融合科学研究所)
企画・広報 川村 義博 (塩野義製薬株式会社)
田中 智子 (中外製薬株式会社)
河内 杉雄 (富士フイルムRIファーマ株式会社)
監 事 高橋 和弘 (慶應義塾大学)
森川 演夫 (株式会社アイテック)
顧 問 土井 正博 (有限会社えのきエンジニアリング)
長谷川 豊司 (株式会社大塚製薬工場)
矢鋪 祐司 (日本たばこ産業株式会社)
 
  上へ 上へ

会則



  PDF 製薬放射線コンファレンス会則(PDF:207KB)
  上へ 上へ

製薬放射線コンファレンスのあゆみ



製薬放射線コンファレンスのあゆみ

 製薬放射線コンファレンス(Pharmaceutical Radiation Conference;PRC)は、日本アイソトープ協会主任者部会に1994年に発足した「放管草の根ネットワーク 製薬グループ」を前身として、1995年に誕生しました。その後、現在に至るまで安全で合理的な放射線管理と放射線の有効利用の模索について、広報的な役割を担うべく活動を続けています。

 
1994年11月
日本アイソトープ協会第35回主任者年次大会(オオサカサンパレス)において 「放管草の根ネットワーク 製薬グループ」を提唱
1995年6月
第1回放管草の根ネットワーク基調報告会を開催。「放管草の根ネットワーク 製薬グループ(製薬放射線コンファレンス)」が発足。
1995年10月
第1回製薬放射線コンファレンス勉強会(大阪NTT内本町会館)において、 製薬放射線コンファレンスの略称を英語表記「Pharmaceutical Radiation Conference」から「PRC」と決定。
1998年11月
RADIOISOTOPE誌 1998. Vol.4発表
「ラジオアイソトープを用いた動物実験での文献調査−飛散率について−」
1999年8月
運営組織として第1期世話人会発足 第1期会長: 川上猛雄 氏
1999年10月22日
第1回製薬放射線コンファレンス総会を開催(長瀬産業株式会社 東京本社)
2004年6月
第2回PRCセミナー(東京八重洲ホール)において「密封されていない放射性同位元素の基本的流れについて(PRC Edit.)」PDF(PDF:300KB)を発表
2004年10月
第6回製薬放射線コンファレンス総会(江戸川区 総合区民ホール)にてPRCのロゴマークを決定
2005年4月1日
第2期世話人会発足 世話人代表:大河原賢一氏
2007年4月1日
第3期世話人会発足 世話人代表:大河原賢一氏
2009年4月1日
第4期世話人会発足 世話人代表:大河原賢一氏
2010年6月
2010年製薬放射線研修会(第12回製薬放射線コンファレンス総会)PDF(PDF:2MB)を開催(テクノ交流館リコッティ)
2011年6月
震災に伴なう放射線管理の情報交換会を開催(東京八重洲ホール)
2011年6月
第13回 製薬放射線コンファレンス総会を開催(東京八重洲ホール)
2011年7月1日
第5期世話人会 発足 世話人代表:大河原賢一氏
2011年11月
2011年製薬放射線研修会PDF(PDF:2.5MB)を開催(神戸市ポートアイランド)
2012 年6月
2012年製薬放射線研修会(第14回製薬放射線コンファレンス総会)PDF(PDF:4.2MB)を開催(コラッセふくしま)
2013年1月
PRCセミナー&見学会「正しく学ぶサーベイメータ〜測定原理や使用方法の教え方〜PDF(PDF:229KB)を 開催(日立アロカメディカル株式会社 本社)
2013年6月
2013年製薬放射線研修会(第15回製薬放射線コンファレンス総会)を 開催(京都テルサ)
2013年7月
第6期世話人会 発足 世話人代表:大河原賢一氏
2014年3月
PRCセミナー&見学会を開催(放射線医学総合研究所)
2014年6月
2014年製薬放射線研修会(第16回製薬放射線コンファレンス総会)を開催(つくば国際会議場)
2015年6月
2015年製薬放射線研修会(第17回製薬放射線コンファレンス総会)PDF(PDF:4.8MB)を開催(広島市文化交流会館)
2015年7月
第7期世話人会 発足 世話人代表:大河原賢一氏
2015年9月
PRCセミナー「教育訓練情報交換会」PDF(PDF:750KB)を開催(武田薬品工業株式会社湘南研究所)
2016年6月
PRCセミナー「RI業務、従事者管理、管理効率化に関する情報交換会」(PDF:695KB)を開催(第一三共株式会社品川研究開発センター)
2016年6月
2016年製薬放射線研修会(第18回製薬放射線コンファレンス総会)(PDF:1.7MB) を開催(コクヨホール)
2017年6月
2017年製薬放射線研修会(第19回製薬放射線コンファレンス総会)を開催(桑山ビル大会議室)
2017年7月
第8期世話人会 発足 世話人代表:大河原賢一氏
  上へ 上へ

  アクロバットリーダーPDFファイルをご覧いただくためには、Acrobat Reader(無償配布)が必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。
 
製薬放射線カンファレンス
ホームPRCについて入会案内活 動リンク情報・資料会員専用お問合せ
製薬放射線コンファレンス(PRC)事務局
Copyright (c) 2007 Pharmaceutical Radiation Conference All rights reserved.